腸にいいことあるかも!朝活酵素で心地良いライフ

「朝活酵素」は生酵素サプリとして、腸内環境の改善に有効的です。とりわけ生酵素であることにこだわっていて、有効なマテリアルをしっかり届けられるように出来ています。その「朝活酵素」を正確に摂取してライフサイクルの改良を目指す事が、快適な腸内環境への手っ取り早い手段なのです。腸内環境が安定することで身体も健常になるでしょう。そこで「朝活酵素」の成分やこだわりについてご紹介します。腸内環境に悩んでいる人は、参考にしてください。

朝活酵素は「生」にこだわる酵素サプリメント

「朝活酵素」は「生」であることにこだわる酵素サプリです。生酵素・生酵母・生麹の三つにこだわり、カラダの中からスッキリできるようにしています。腸内環境が悪いことは、排出がスムーズでなく身体に負担が掛かる状態です。さらに、ストレスや不規則な食事を続けると、酵素は減少してしまいます。そこで、腸内環境を改善するために酵素を補う必要があるのです。しかし、酵素は熱に弱いことが特徴で、約48度以上の熱で酵素の作用はなくなり冷やしても復活しません。酵素を多く含む食材を料理して食べても、効果的な酵素は補えていないことになります。「朝活酵素」は加熱処理せず「フリーズドライ製法」で五個の消化酵素を生きたまま粉末化していることが特性です。生きた酵素は、食物の消化や吸収を助ける効果や基礎代謝力を上げることができます。したがって、腸内環境を向上し便秘解消によるダイエットや脂肪が燃焼しやすいカラダ作りをすることが可能なのです。「朝活酵素」には、39種の酵母菌が配合されています。酵母菌は、体に必要なたんぱく質やビタミン、ミネラルなどの養分を豊富に持つものです。さらに、生酵母は糖質を食べて分解するため、カラダの中に吸収される糖質の量を抑えることが可能です。なので、生酵母の働きで美容と太りにくい体へのサポートをすることが可能なのです。また、あわや大麦等7種類の生麹を含んでいます。麹菌は代謝をするときにビタミン類を生成することができる菌ですので、美肌や疲労回復に効果的です。

こだわり原料で胃腸の善玉菌をサポートする効果が期待できる!

「朝活酵素」に熱で処理した「FK-23乳酸菌」を約六兆個入れることで、善玉菌をサポートする作用が期待できます。加熱処理をすることで、胃酸に負けずに腸まで運ぶことができます。ナノ単位まで極小になった乳酸菌なので、腸管での吸収がスムーズに行われます。したがって、腸管のはたらきを快活にして腸内環境の改良をすることができるのです。生きた菌よりも加熱処理をしている方が、約3倍の効果があると言われています。また、「FK-23乳酸菌」はもとから腸内にいる善玉菌の餌となり、善玉菌を育てる活動にも有効的です。善玉菌が増えると、悪玉菌の働きや増殖を抑制することができます。善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類のバランスを維持するためにも「朝活酵素」で腸内環境の改善をすることが効果的なのです。

朝活酵素の作用を引き出す飲み方は

「朝活酵素」は、1日約2錠を食事の前に摂取していきます。空腹時に摂取することで、有能な成分が腸内に届きやすくなるからです。さらに、生酵素や生酵母は食べ物の分解や消化をサポートする働きがあり、肥満の原因になる物質を分解します。これらのはたらきで、糖質や脂質などを分解し蓄積しすぎないようにしてくれるのです。また、生酵母や水溶性食物繊維の難消化性デキストリンが配合されているので、血糖値の上昇を抑制することが可能です。食事の後は血糖値が上がりやすいので、上昇を抑制することで太りにくい体質にすることも可能です。摂取する時は、水や白湯で飲みましょう。ジュースやカフェインの入ったお茶やコーヒーは作用が低下します。腸内環境を良くして排便をスムーズにするには、多くの水分が必須です。飲みやすい水や白湯を十分に飲むことを意識するといいでしょう。

もっと成果を出したいなら生活見直しも大事

「朝活酵素」の効果をより引き出すためには、生活改善として食事の内容や運動の仕方を見直しするといいでしょう。生酵素サプリを摂っているからと言って、好物や脂っこい食べ物を食べては意味がありません。野菜をたくさん摂ることやカロリーをカットするなどを気をつけることで、さらに成果を上げることができるのです。さらに、腸内環境を改善するためには、適度な運動を心掛けると良いでしょう。激しい運動は交感神経を興奮させるので、腸内環境の向上には適しません。腸内環境を改良させるには、副交感神経を優位にすることが重要なのです。なので、リラックスした状態での運動が適しています。ストレッチ等からスタートし、少しのウォーキングが適切です。腸に程よい刺激を与えられて、メンタル的にもリラックスできます。腹筋を鍛えると腸の筋肉も鍛えられるので、便秘がちの方には効果的です。さらに、腸内が活動的に動くのは午後10時から夜中二時と言われ、その前に食事を終わらせることが望ましいとされています。できるだけ21時までに食事は終了しましょう。また、十分な睡眠をとることで自律神経を落ち着かせることができ、腸内環境の改善にも繋がります。