酵素ダイエットをするなら断食が推奨

酵素減量は、体重をダイレクトに落とすというよりも、痩せやすい体質にすることで体重が落ちやすくなるというダイエット手段です。酵素を摂る手段としては酵素ドリンクや酵素サプリメントなどがありますが、それを摂るだけでは減量成果が現れるわけではありません。この記事では、正しい酵素ダイエットのやり方やダイエット後の補食等をご紹介します。酵素減量を行う上での注意する点にも触れますので、是非参考にしてください。

酵素だけでは体重が減らない?酵素ダイエットの罠とは?

酵素ダイエットが女の人を中心に注目を集めていますが、酵素を摂り入れるだけでは体重を落とすことはできません。たとえば、酵素を摂り入れながらハイカロリーの料理をよく食べていたり、睡眠時間が短かったり、寝る前に食事をしているなどの生活をしていると、せっかく酵素を摂り入れても成果が低いです。いずれも身体の中にある酵素を浪費する行動だからです。カロリーの高い食事を食べると消化させるのに時間と酵素がたくさん必要になり、消化酵素がたくさん消費されてしまいます。もちろん、カロリーの低い食事であっても咀嚼が少ない際には、同様に消化するのに酵素がたくさん消費されます。また、18時に食事をするのと夜中1時に食べるのとでは脂肪が蓄積する量が異なります。食事の時間帯が遅ければ遅いほど体に身につく脂肪の量が増えます。さらに、体内の酵素が生産されるのは寝ている時間帯なので、睡眠時間がちょっとしかないと体内の酵素の生成量が少しになってしまうのです。このような生活を常習的に行っていると、本来であれば太りにくい体質になるにも関わらず、せっかくのカラダの中の酵素が損なわれ、減量効果が弱くなってしまいます。このように、酵素を摂り入れるだけでは不充分ということです。

酵素減量で痩せるならファスティングを!

酵素を摂取することでダイエットをしたい人は断食を実行ことがお勧めです。酵素ドリンクを飲んで痩せやすい体質になっているからといって普段よりも高カロリーのものを摂ってしまうと、むしろ肥満になります。酵素ダイエットをする際、二つの方法があります。それは置き換え減量と断食減量の2種類です。置き換えダイエットは一日三食の食事のうち1食から2食を酵素飲料あるいは酵素サプリメントに置き換えるというものです。なお、一食よりも二食の方が成果が大きいのはもちろんです。置き換えダイエットよりも強い成果を望むならファスティング減量がオススメです。ファスティングとは「断食」という意味で酵素サプリメントまたは酵素ドリンクと水分摂取だけで暮らすというものです。効果が最も大きいのは3日間連続でファスティングダイエットをすることですが、初めての人にはハードルが高いので、1日から実行してみると良いでしょう。初めから無茶をして体調を崩すとダイエットの意味がありません。

間違った方法は危ない!正しいファスティングの手段

断食減量の正しい手法を紹介します。準備するものは酵素飲料です。一般的には一日に三回から十回ほど飲みます。この規定量をしっかりと厳守しないとダイエット効果が少ないので、正確に量って飲みましょう。そのまま飲むことが可能ですが、そうすると飲みにくいと感じる方もいます。なので、お水や炭酸水などで混ぜた方が飲みやすいですし、長く続きます。ただし、酵素は熱に弱いので、くれぐれも熱いお湯で混ぜないようにしましょう。そして、断食減量中は水分をたっぷりと摂取することも肝心です。というのは、酵素の効果をもっと高めることにつながるからです。1日に最低でも2Lを超える水分を飲むことです。また、空腹感が抑えられない際には野菜ジュースや果物ジュースを飲んでも結構です。ただ、必ず100%であることおよび無添加であることが条件です。因みに、2日目以降に好転反応が現れる可能性もあります。体の中の毒素を排出するときに生じる現象であり、吹き出物ができる、熱が出る、体がダルくなる等の症状が代表的なものですが、体調が悪いわけではありません。

どんなものを食べるべき?ファスティング後の補食レシピ

ファスティング減量を実行した後は補食が大事です。酵素ドリンク以外は何もカラダの中に入れていないので、胃腸が収縮している状態です。そのため、ちょっとずつ食べ物を入れていかないと刺激がキツすぎて体調が壊れる可能性があるのです。ファスティングが終了してから3日以内に普段の食事に戻すとカラダに良くない影響をもたらすからです。ですから、三日間は補食期間として必要になります。この期間中は、消化のしやすい食物を食べるようにしましょう。たとえば、お豆腐のお味噌汁や野菜スープ等です。また、味付けは濃くするのではなくできるだけ薄めにすることも重要です。さらに、化学調味料も胃腸の消化機能に強い刺激を与えるので、この期間はできるだけ排除することです。こうして補食期間が過ぎた後は、日常の食事に戻しても良いですが、肉類はほどほどに海藻類、野菜、魚などをたくさん食べる食事をするとリバウンド防止にもなります。